ロイターの記事(Swedish bankers face identity crisis over digital currency plans)をベースに、CBDCにまつわる課題を論じた前半

後半では、

6.課題解決に向けて

7.世界の先進事例とR3の取組

についてお話ししようと思います。

6.課題解決に向けて

CBDCの課題は3つありました。

2.CBDCがもたらす課題①調達の不安定化(ロイター記事の問題意識)

こうした課題に対する答えを探してみようと思います。

①調達の不安定化と②マイクロマネジメントの課題は、いずれも「非金融機関の持つ預金の急激な移動」にあります。そして、③プライバシーの課題は、「非金融機関のプライバシー」に属する問題です。(金融機関の行動は、結果レベルとはいえ中央銀行が全て知っているべき事象です。)

つまり、ここで出てきた懸念のほとんどは

非金融機関が中央銀行のシステムに直接アクセスできること

が真の課題であると理解できます。しかし、CBDC技術の背後にあるのは「ブロックチェーン/分散型台帳」という技術です。きちんとアーキテクチャを用意すれば、

ネットワークは中央銀行が管理しているが、個別システムは中央銀行のシステムではない

という状況を構築しえます。大事なことは、技術的な実現可能性と、ビジネス目線での導入意義の確立です。

例えば・・・

下図のような枠組みが考えられます。一般的には2層構造のCBDCモデルと言われるものです。

CBDCのトークン自体は銀行免許を持つ企業(要は銀行)だけがアクセスできる形にします。

この場合、

CBDCの目的は純粋に銀行間決済の事務コスト削減とします。

金融調整という観点から、CBDCのスコープに国債とのDvP決済実現(による事務コストと決済リスクの削減)があってもよいかもしれません。いずれにせよ個人や一般法人が入らない事を仮定することで、要件は軽くなります。なまじ、CBDCにできそうなこと(例えばスマホでアクセスできる口座である・・)をすべて盛り込む事は、実現可能性という意味でも、本稿の前半で述べたようなリスクを回避するという観点からも避けるべきです。

そして、その際にCBDCの技術要件の一部として、

「CBDCと同様の技術(ブロックチェーン/分散台帳型であること)を用いたトークン」との交換仕様を提示

します。もちろん、通常の決済仕様を定めたISO20022等とも透過的な仕様とするべきです。もちろんこの交換仕様にCBDCは準拠する形で実装します。

この交換に関する仕様も含めて、CBDCは、その技術仕様をセキュリティの観点で避けるべき部分を除いて公開します。そうすることで、例えば、国債DvP実現に向けた実装であれば、その仕様を利用することで社債のDvPが実現できるかもしれません。(民間への展開を前提とするのであれば、「契約当事者のみ情報を保持する」、「個人情報の削除にネイティブで対応できる」という要件を満たす唯一の基盤であるCordaの使用を是非ご検討いただければと思います)

いずれにせよ重要なのは、民間のビジネスへ中央銀行が出て行かない事。それから、市中の情報を中央銀行が管理しない事だと考えます。

その代わり、CBDCと交換可能なトークン側の仕様をより「分散的」なものにする(例えばトークン交換には資本関係のない複数の銀行の承認が必要である)事も検討できます。こうする事で分散化によって得られる、中長期的な社会コストの低減という目標にも資することができるかもしれません。

そうすることで、例えばDvP化したSTOプラットフォーム、SCMと連動するトランザクションレンディングといった様々なユースケースがCBDCを起点に生まれてくると考えます。下図のようなイメージです。


今日は、ロイターの記事(Swedish bankers face identity crisis over digital currency plans)をベースに、CBDCにまつわる課題をご紹介したいと思います。

本記事は全体を二つに分けています。前半はロイター記事の深堀りを、後半ではCordaがその課題にどう答えるかを検討します。

~前半~

  1. CBDC(中央銀行発行通貨)とは
  2. CBDCがもたらす課題①
  3. CBDCがもたらす課題②
  4. CBDCがもたらす課題③
  5. 問題意識の本質~フリクションレスな金融~

6.課題解決に向けて

7.世界の先進事例とR3の取組

1.CBDC(中央銀行発行通貨)とは

世界中でCBDC(中央銀行発行通貨)の動きが始まっています。主要通貨で行くとECB(ユーロ)、日銀(円)、中国人民銀行(元)がリテールCDBCやホールセールCBDCへの取り組みを始めています。主要通貨以外でも、タイバーツ、スウェーデンクローナ、バハマドルなど。以下の表も参考になるかと思います。


※このブログはこちらの記事の基にした記事です。技術的な詳細は今後日本語版Corda Guideにて紹介する予定です。よろしくお願いいたします。

今年最後のリリースとなるCorda4.7/Corda Enterprise 4.7/ Corda Enterprise Network Manage 1.5のリリースが間近に迫っています。このエントリーでは新しい機能の特徴をご紹介していきます。

今回のリリースでは、以下の3つの課題解決に焦点を当てています。すなわち

  • 過去データのアーカイブ
  • トランザクションの切断
  • Notary の過負荷時応答

過去データのアーカイブ

CorDappsが実用に供されるまでに成熟した後、ノードは時と共により多くの台帳関連データを蓄積していきます。その結果、データセットの増加に伴うコストやパフォーマンスなど、長期的な考慮事項が重要になってきます。Corda Enterprise 4.7では、ノードオペレータが不要になったデータを識別し、安全かつ可逆的な方法で台帳からデータを削除する機能を提供する新しいツールを導入しました。

このツールは、Collaborative Recovery(分散台帳間の一貫性チェックと自動復旧ツール、今年初めに導入)等の現在 Cordaの機能をサポートする一連のエンタープライズユーティリティに追加されます。

トランザクションの切断

第二に、”Chain snipping(チェーンスニッピング)“として知られる、Cordapps開発者はよく知るパターンを公式にサポートしました。現在、CorDapp の開発者はカスタムロジックを書いて、ステートを定期的に終了させ、別のトランザクションで台帳に再発行することができます。(Chain snippingの概要については、こちらのスライドシェアが参考になります。)

開発者はプライバシー上の理由やパフォーマンスの最適化のためにこれを行いたいと思うかもしれません。従来からこの機能は導入可能ですが、以下のような課題を抱えていました。

  • 切断実行時にエラーが発生した場合などを考えると信頼性に不安が残りました。
  • チェーンが一定のサイズに成長したときのパフォーマンスの問題を予測するには、開発者の先見性が必要でした。

Notary の過負荷時応答

最後に、Notaryの過負荷時応答を改善しました。Notaryが非常に大量のトラフィックにうまく対応するようにアーキテクチャーを改善しました。これは、リクエストのキューを処理するバックプレッシャー機構を介して行われ、(高トラフィックの期間に典型的な)タイムアウトによるノードのリトライ回数がNotaryのキャパシティの関数となることを保証します。

ノードから見れば、リクエストが確実に処理されて、必要に応じてリトライすればよい事を保証する一方、不必要なリトライで公証人のキューを圧迫し、その有効性を低下させる状況を回避できます。Corda Enterprise 4.7 では、このメカニズムを改良して、高負荷の状況下でより正確で応答性の高いものにし、その結果、リトライの回数を減らし、エンドユーザーのパフォーマンスを向上させました。

その他の機能についても見てまいりましょう。

新しいユーザーインターフェース

ユーザーインターフェイス(UI)を用意しました!GUIを通じてCorda ノードと Corda ネットワークの操作を単純化するという試みが開始されました。

最初のリリースである今回、主要コンポーネントのUIの最初のプレビューを提供します。これは、ノードとネットワークの主要な操作を簡素化することに焦点を絞った開発者プレビューです。

ノード管理コンソール

ノード管理コンソールでは、フローの管理に焦点を当て、オペレータがチェックポイントを監視してフィルタリングし、UIからその情報に安全に対処できるようにしました。

また、ノードのライフサイクルと構成管理もできるようになります。Corda Enterprise Network ManagerのQ3リリース(ver1.4)から提供されたネットワーク管理用UIをベースに、以下のような機能を持つUIも提供します。

  • CSR/CRRライフサイクル監視
  • Flag Day管理(Flag Dayとは新しいNotaryの導入などネットワークパラメータの変更を意味します )
  • ノードの構成管理


ブロックチェーンと分散型台帳に関する本を朝倉書店さんから出版いたします。この本の紹介を全4回で行うつもりです。前回は「ネイティブトークン流動性」の紹介をさせていただきました。

最終回である今回は、6章「ブロックチェーン/DLT の未来」の中から、「量子耐性の実現と量子コンピュータ技術の利用」という項の一部を紹介をします。

以下は本文からの引用です。

PoW では短い周期で制約の異なるまったく新しい問題が提示される.PoW のような課題を量子コンピュータが素早く解けるかどうかはわからない.

量子コンピュータについては、

①量子コンピュータで劇的に早く解ける問題(ショアのアルゴリズムが適用可能)とそれほど早く解けない問題(グローバーのアルゴリズムしか適用できない)がある事

②量子耐性がある(グローバーのアルゴリズムしか適用できない)暗号は実務で適用するには難しい(処理が重すぎる)事

等に触れるつもりでしたが、紙幅の関係で実現しませんでした。

ブロックチェーンは、単なる一つの技術ではありません。というよりも、

ブロックチェーンは、価値の移動をインターネット上で可能にするための技術の組み合わせだと考えています。

(例えば量子コンピュータという)一つの技術によって現存のブロックチェーン基盤は全て無に帰するかもしれませんが、ブロックチェーンが実現しようとしている世界は必ず来ます。であれば,ブロックチェーンとその後継たる分散型台帳技術の本書において、量子コンピュータはあくまでわき役だと思い、あえて省きました。

全4回にわたって、来月出版される本の紹介をしてまいりました。

第一回「目次の紹介」

第二回「プライバシーと匿名性」

第三回「ネイティブトークン流動性」

今回「量子コンピュータ」

興味を持っていただければ幸いです。個人名が表紙に乗る本を出版するのは初めての経験です.皆さん是非手に取っていただければと思います。(予約していただけるなら⇒Amazon 楽天


ブロックチェーンと分散型台帳に関する本を朝倉書店さんから出版いたします。この本の紹介を全4回で行うつもりです。前回は「プライバシーと匿名性」の紹介をさせていただきました。

第3回である今回は、6章「ブロックチェーン/DLT の未来」の中から、「ネイティブトークン流動性」という項の一部を紹介をします。

この項でご説明したいことを端的にまとめると、

「トークンの値上がりを期待するなら誰もそのトークンを使わない.つまりその価値は下がる.」

という一見すると矛盾するような単純な事実です。このような状況で需給バランスによって価格が安定すると想像するのは、金融システムや経済動学を理解していない人の妄想にすぎません。そして、トークン価値が安定しない限り、決済システムとしては利用できません。(表立って決済できない取引にだけ使われるアングラな決済インフラにしかならないでしょう。)本書では、この点をサイドチェーンにおけるトークンのペッグを例に説明しています。この項は本書の中でも非常に難解な項だと思います。

以下は本文からの引用です。

たとえば,メインチェーン上のトークン総量が一定でネイティブトークンをペッグするサイドチェーンが増えていった場合,メインチェーン上で使用可能なネイティブトークン総量がどんどん減っていってしまう.結果としてそのトークンにプレミアムがつきすぎてTX を処理するコストが高くなりすぎてしまう.その結果(メインチェーンでもサブチェーンでも)TX が処理されないということが発生する.

以上、6章から、「ネイティブトークン流動性」の紹介でした。来週は同じく6章から「量子耐性の実現と量子コンピュータ技術の利用」という項を紹介しようと思います。

個人名が表紙に乗る本を出版するのは初めての経験です.皆さん是非手に取っていただければと思います。(予約していただけるなら⇒Amazon 楽天


ブロックチェーンと分散型台帳に関する本を朝倉書店さんから出版いたします。この本の紹介を全4回で行うつもりです。第1回は本の構成と冒頭部分を紹介しました。

第2回である今回は、4章「プライバシーと匿名性」の紹介をします。

最初に,4章の構成について紹介します.

4章「プライバシーと匿名性」の構成

4. 1 Bitcoin の革新性とプライベート/コンソーシアムチェーン

4. 2 プライバシーと匿名性

4. 3 個人情報と消す権利

4.1節ではハッシュチェーンに始まるブロックチェーンの進化を紐解いた上で,プライベート/コンソーシアムチェーンの立ち位置を明確にしています.PoWを取り入れていないプライベート/コンソーシアムチェーンは,ある意味で技術的退化にも見えますが、インセンティブ設計の観点に立てばBitcoinの後継としての正統的な発展の姿でもある事を示します

4.2節では,プライバシーと匿名性の違いを明確にした上で、様々なブロックチェーン/分散型台帳技術の上でプライバシーや匿名性がどう実現されるのかを説明しています。4.2節の一部分を後ほどご紹介します。

4.3節では「ブロックチェーンは消せない」という誤解に対してGDPRの文言と従来型システムの技術的原点にさかのぼって、この誤解を解いています.

次に,4章の中から2つの部分をピックアップしてご紹介します。

①4.2節の冒頭部分.

②4.2節で示される、プライバシーと匿名性の定義

以上、4章の紹介でした。来週は6章「ブロックチェーン/DLT の未来」の中から6.4.2項「ネイティブトークン流動性」について紹介しようと思います。

個人名が表紙に乗る本を出版するのは初めての経験です.皆さん是非手に取っていただければと思います。(予約していただけるなら⇒Amazon 楽天


ブロックチェーンと分散型台帳に関する本を朝倉書店さんから出版いたします。今日から毎週末、4回に分けてこちらの本の紹介をしようと思います。(予約していただけるなら⇒Amazon 楽天

3タイプの読者を想定しています。学生、CXO、そして規制当局です.①学生の為に、技術的な根本(数学とか、ゲーム理論とか)へ至るリファレンスを多く入れています.②今まさに社会を変えるために奮闘しているCXOの為に、「分散型台帳はどんなことに使えるのか」を理解して貰う事を目指しました.③規制当局の方へ向けて,当局は何を後押しすれば良いのか、その糸口を理解して貰う事を目指しました。

今回は初回という事で、本の冒頭部分の紹介と、目次の紹介をさせていたきます。

冒頭部分の紹介

まえがき

僕の資産はスマートフォンに入っている.昔の人は財布というものを持ち歩いていたそうだが,一体何を入れていたのだろう? 写メを送るような気楽さで僕は友人にお金を貸した.友人はそのお金をもとに借りたクラウド上で世界初のサービスを立ち上げ,世界中の人から“イイネ”をもらう.友人はお金の代わりにイイネを僕に返し,僕はそのイイネを使ってコンビニで昼ご飯を買った.友人は溜まったイイネを使って来月家を買うらしい.

冒頭はこんな感じです。自分の書いた文章に解説を加えるほど恥ずかしい話は無いのですが・・・ ブロックチェーン/分散型台帳という技術は,技術者だけが盛り上がっても意味のない技術だと思っています。技術者以外にも共感を持って貰わないと前に進まない技術.だからこそ、普通の人の未来がどうなるのかを冒頭に書いてみました.こんな未来が来るといいなという願いを込めて.

目次の紹介

章立てを紹介いたします。各章の紹介は次回以降に.

1. 世界を変えられる技術から,世界を変えた技術へ

2.ブロックチェーン/DLT(分散型台帳技術)とは

3. ブロックチェーン/DLT 特有の概念

4. プライバシーと匿名性

5. ブロックチェーン/DLT 基盤の進歩

6. ブロックチェーン/DLT の未来

— —付録 — —

A. ユースケース/プロジェクト

B. ブロックチェーン/DLT を支える暗号技術

C. ビザンチン将軍問題

D. zk-SNARK のQAP

E. MetaMask で始めるEthereumWeb ウォレット

F. Corda で作るDLT アプリ構築チュートリアル

あとがき・文献・索引

9月に発売される本「分散型台帳テクノロジー」の紹介でした。来週は4章「プライバシーと匿名性」について紹介しようと思います。

個人名が表紙に乗る本を出版するのは初めての経験です.皆さん是非手に取っていただければと思います。

(予約していただけるなら⇒Amazon 楽天


~後編:変化を急ぐべき理由、そして数字~

このエントリーはR3社の公式ブログ「Where’d you get that pork chop?」の邦訳、その後半です。

前半:フードサプライチェーン+Cordaはこちら。

そのトンカツおいしい?その答えは人それぞれ違うかもしれません。でもおいしいかと同じくらい安全な肉かどうかも気にしたほうがいいかもしれません。

変化を急ぐ理由

では、なぜ急いだほうが良いのでしょう?理由はいくつかありますが、特に業務プロセス上の要件や規制上の要件が増えていることが挙げられます。それから、消費習慣が変化しているという点も重要です。消費者の嗜好や購買習慣は変化しており、結果として世界的に食品需要が増加しています。
現在の食品サプライチェーンは、需要の変化に対応するように強く求められています。なぜそうなってしまったか。それは、食品の業 …


前半:フードサプライチェーン+Corda

このエントリーはR3社の公式ブログ「Where’d you get that pork chop?」の邦訳です。

そのトンカツおいしい?その答えは人それぞれ違うかもしれません。でもおいしいかと同じくらい安全な肉かどうかも気にしたほうがいいかもしれません。

イギリス食品基準局がブロックチェーンによる豚肉サプライチェーンの透明化に成功しました。

そのトンカツの豚肉は一体どこの産地なのか。その答えにたどり着くのは、思っているほど簡単ではありません。しかし、食品の出所を確認することは、食品供給の安全性と持続可能性を確保するために不可欠な要素。そのため、国内外の食品製造業にとってトレーサビリティは重要な論点です。

①ブロックチェーン技術、②主要企業の協力体制の構築、③フードバリューチェーンが求めるより厳しい基準、この3つによって食品サプライチェーンは変化しつつあります。その結果、A)より精確なトレーサビリティ、B)食品廃棄物の削減、その結果としてC)持続可能性の向上といった改善がが見込めるかもしれません。しかし、ブロックチェーンは具体的にどのように世界のフードサプライチェーンに影響を与えているのでしょうか?

イギリス食品基準局(以下FSA)はアクセンチュアと共同で、豚肉の健康輸出認証プロセスのトレーサビリティと効率性を高めるために、ブロックチェーン技術をどのように利用できるかを評価することに着手しました。

このパイロットプロジェクトは、食品の生産と供給に関連するリスクから公衆衛生を守るというFSAの戦略的な目的が原動力となりました[1]。このパイロットプロジェクトを通じて、FSAは、オペレーション管理から規制当局、そして最終的には最終消費者に至るまで、サプライチェーンプロセス全体にブロックチェーンが与える影響を探りました。

FSAによるこのプロジェクトにはCordaが選ばれました。

選ばれた理由は、以下2点が評価されたためです。

①プライバシー要件をサポートしている

ブロックチェーンアプリケーションには、モバイルとウェブの両方のインターフェースがあり、検査データ、承認、報告書などの死前・死後の獣医師からのデータを入力するために使用できました。これにより、例えば獣医は、パレットが正しく密封されており、それ以上アクセスされていないことを証明する改ざん証明書類として、検査記録と一緒に写真をアップロードすることができるようになりました。これにより、手作業や重複したプロセスを削減し、たった一つの真実(a Single Version of the Truth)を提供することができました。

肉のパレット https://costcotuu.com/20170521/post_86164.html (コストコ通 さんより)

又、Corda 上に構築されたアプリケーションが、サプライチェーンの参加者間で中立的な共有データモデルを確立できること。そして、規制当局、政府、企業が協力し、サプライチェーン全体からの情報に基づいて食品の供給と消費の傾向を監視するためのフレームワークを提供できることが実証されました。

得られた洞察(Key Insights)

幾つかの重要な洞察を得ることもできました。

1.ブロックチェーンソリューションが有効だと実証され、分散処理とスマートコントラクトの使用によりプロセスの簡素化と自動化が可能だと証明されました。

2.ブロックチェーンを使用することで、プロセスの透明性が強化されました。FSAや規格機関のより厳格で有意義な監査を可能にし、消費者に対して、イギリスの食肉ブランドの品質をより強くアピールすることが可能だと実証しました。同時に、Cordaを用いることで取引のプライバシーを確保する事にも成功しました。

3.Corda を活用したプロセスの効率化により、作業の重複やペーパーワークが削減されました。また、フードサプライチェーンの信頼性が高まり、関係者が信頼できる情報にデジタルで簡単にアクセスできるようになりました。

食料と農業の業務プロセスはブロックチェーンによって再構築されようとしています

ブロックチェーンが食品・農業業界を変革する可能性を評価しているのはFSAだけではありません。2025年までに世界の食料品業者の20%がブロックチェーンを利用していると予想されています[2]。現代の消費者を念頭に置いた時、ブロックチェーンが食品サプライチェーンネットワークに革命をもたらす可能性に世界中が注目しています。

この可能性を実現していくにあたって最大の課題は、既存のフードサプライチェーンネットワーク間の技術的ギャップを埋めることです。これは食料に関する基準遵守を重要視し、関係者間のコラボレーションを推し進めることで実現可能です。
フードサプライチェーンのような複雑なネットワークを大きく変化させるにあたっては、ブロックチェーンの持つトレーサビリティ、データの不変性、機密性、モジュール性等は大きな利点となるはずです。

これらはFSAのプロジェクトにおいても検証されており、豚肉輸出健康認証プロセス以外のユースケースでも同じように考えられています。ブロックチェーンを利用すると、運用コストを削減し、企業の収益拡大に資することが期待されています。

後半(~後編:変化を急ぐべき理由、そして数字~)に続きます。

— -
参考文献

[1] Food.gov.uk: Food We Trust
[2] Coin Telegraph: Prediction: 20 Percent of Leading Global Grocers to Use Blockchain by 2025
[3] Forbes.com: IBM & Walmart Launching Blockchain Food Safety Alliance In China With Fortune 500’s JD.com; The Converstation: How blockchain technology could transform the food industry
[4] [5] Food.gov.uk: Guidance on Food Traceability, Withdrawals and Recalls within the UK Food Industry
[6] Statista.com: How Safe Is U.S. Food?
[7] ResearchGate.com: Food Traceability on Blockchain: Walmart’s Pork and Mango Pilots with IBM
[8] Phys.org: Human error major driver of food waste
[9] Nielson.com: Total Consumer Report: December 2018

YuIku

like #blockchain and #smart-contract, especially #corda #fabric #ethereum

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store